少年が2次大戦の独戦闘機残骸を発見、遺骨も デンマーク

金属探知機を使って地面を調べていたところ残骸が埋まっているのがわかった

金属探知機を使って地面を調べていたところ残骸が埋まっているのがわかった

パイロットの所持品や機体の残骸は、北ユトランド歴史博物館に運ばれた。パイロットの名前と思われる内容が書かれた書類も見つかったことから、身元も間もなく判明する見通し。

学芸員の話では、近郊の都市オールボルグにあったドイツのパイロット養成所から来たと思われ、制服と帽子のほか、未使用のコンドーム3個と、デンマークの硬貨が入った財布、オールボルグ基地の食堂の食料配給券も所持していた。

このような形で地面に埋まったドイツの戦闘機がデンマークで発見されたのは初めてではないかと学芸員は話している。

クリスティアンセンさんは、親族が見つかって遺骨が返還されることを願うと語った。警察によれば、ドイツ大使館には連絡を取ったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]