ハワイ海底の旧日本軍潜水艦 水上機の格納筒を発見

ハワイ沖の海底にある「伊400」=2013年、HAWAII UNDERSEA RESEARCH LABORATORY提供

ハワイ沖の海底にある「伊400」=2013年、HAWAII UNDERSEA RESEARCH LABORATORY提供

(CNN) 第2次世界大戦後にハワイ沖に沈められた旧日本海軍の大型潜水艦「伊400」を発見、調査している米ハワイ大学などのチームが、船体から分離していた水上機格納筒を新たに発見した。

伊400の船体はオアフ島南西沖の海底で2013年末に発見されたが、折り畳み式水上機3機を収納できる大型格納筒の部分は見つかっていなかった。水上機は800キロの爆弾を搭載可能だったとされる。

格納筒を捜すため、NHKが改めて水中調査を提案したという。ハワイ大学と米海洋大気局(NOAA)の共同チームは発見の可能性がある海域を推定し、これをさらに4区画に分けた。

わずか1日という調査期間と予算の関係上、対象は1区画に絞る必要があった。チームの責任者によると、こうして選んだ区画が見事に当たり、「暗闇の中から格納筒の大きな扉がまず現れた」という。続いて3台の潜望鏡を備えた展望塔なども、ほぼ無傷の状態で見つかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]