ミクロネシアのリゾート地、5千円のくじで豪男性に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5千円のくじで南の島のリゾート施設をゲット

5千円のくじで南の島のリゾート施設をゲット

(CNN) 太平洋西部ミクロネシア連邦のコスラエ島にあるリゾート施設の経営者が同施設をくじの景品として売り出し、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州に住む男性が射止める幸運を得た。くじの値段は49米ドル(約5145円)だった。

当選者の身元は「ジョシュア」の名前以外、明らかにされていない。

オーストラリア人経営者のダグ・ベイツさんとサリー・ベイツさん夫婦は約20年以上前、朝9時から夕方5時までの決まり切った生活に別れを告げ、子どもと共に同島に移住し、施設を開業した。

息子や娘も成長し、子どもを持つようになった後、オーストラリア本土に戻り、拡大する家族と余生を過ごすことを決めた。ダグさんは「他の誰かに施設のバトンを引き渡す準備が出来た。われわれは陽光の中で時間を過ごし、大半の人間は夢見ることないだろう人生を楽しんできた」と説明。その上で「現在の目標はプロの祖父祖母になることだ」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]