長身世界一はオランダ男性、過去100年の変化を国別に調査

身長世界一はオランダの男性

身長世界一はオランダの男性

(CNN) 過去100年で栄養状態や健康状態の改善によって人は背が高くなり、世界一長身のオランダ人男性は平均182.5センチ、ラトビア人女性は170センチになった――。そんな調査結果が26日に発表された。

地域別に見ると、欧州中部・南部と東アジアでは過去100年の間に身長が伸びた一方、サハラ以南のアフリカや南アジアではほとんど伸びていなかった。

平均身長が最も低かったのは男性では東ティモールの160センチ、女性はグアテマラの149センチだった。

この調査は世界保健機関(WHO)と連携する研究者の団体NCD-RisCが実施。世界の身長測定などに関する統計を調べ、1896~1996年に生まれた人の身長を推定した。

身長の伸びが最も大きかったのは韓国の女性で、1896年生まれの平均身長は世界で下から3番目の142センチだったのに対し、1996年生まれの女性は162センチに伸びた。韓国と同じように経済力が増した中国でも、やはり身長が伸びている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]