元強制収容所が高級リゾートに モンテネグロ

2016.03.12 Sat posted at 13:07 JST

[PR]

(CNN) 東欧モンテネグロに属する島で、第2次世界大戦時の強制収容所を高級リゾートとして再開発する計画が政府に承認され、国際的な波紋を呼んでいる。

再開発が決定したのはアドリア海に浮かぶ直径200メートルほどのマムラ島。モンテネグロとクロアチアの国境に近いコトル湾沿岸にあり、19世紀に作られた要塞が島の大部分を占める。

この要塞は第2次世界大戦中、ムッソリーニ政権下のイタリア占領軍により強制収容所として使用されていた。2300人が収監され、うち130人が殺害もしくは餓死したとされる。

モンテネグロ政府はこのほど、マムラ島を高級リゾートに再開発するプロジェクトを承認した。プールやヨットを係留する港、スパなどを完備する計画だ。

リース契約を得たのはスイスとエジプトの不動産開発会社オラスコム。同社はこのプロジェクトに1630万ドル(約19億円)を投資するとしている。

モンテネグロ観光開発当局のトップ、オリベラ・ブラヨビッチ氏はフランス通信(AFP)に対し、「われわれには2つの選択肢がある。跡地が朽ちるに任せるのか、再開発して観光客が訪れることができるようにする投資家を見つけるのかだ」と述べた。

メールマガジン

[PR]