「自撮り写真」のサルに著作権認めず 米裁判所

2016.01.08 Fri posted at 15:00 JST

[PR]

(CNN) サルが「自撮り」した写真をめぐる裁判で、米サンフランシスコの連邦地裁は6日、サルに著作権はないとの判断を下した。

問題となった写真は、インドネシアにすむサル「ナルト」が2011年に撮影したもの。昨年、動物愛護団体「PETA」がナルトに代わり、自然写真家のデービッド・ジョン・スレーター氏と出版社を相手取り、著作権を侵害したとの訴えを起こしていた。

PETAは、写真はインドネシアの自然保護区でスレーター氏が放置したカメラをナルトが使って撮影したもので、ナルトの作品だと主張。PETAがナルトを代理して写真を管理し、著作権料はナルトとその仲間のサルのために使われると主張していた。

一方スレーター氏は、カメラは放置したわけではなく、著作権は自分にあると主張した。スレーター氏は撮影の間、ずっと三脚を支えていたという。

連邦地裁のオリック判事は、たとえ連邦議会や政府に動物への法的保護を人間並みに拡大する動きがあったとしても「著作権法にまで踏み込んだとは思えない」と述べた。

米著作権局も、動物の「作品」の著作権を保護する用意はないとしている。

メールマガジン

[PR]