10代の3割、「別れは携帯メールで」 米調査

10代の若者の間での携帯メール、SNSの利用に関する調査結果が明らかに

10代の若者の間での携帯メール、SNSの利用に関する調査結果が明らかに

ニューヨーク(CNNMoney) 米国の若者にとって、携帯電話は出会いよりも別れの手段——そんな傾向がピュー・リサーチ・センターの調査で明らかになった。

調査によれば、ティーンエージャー(13〜17歳の男女)のほぼ30%が、かつての恋人に携帯メールで別れを告げた(もしくは告げられた)経験があるという。

調査に協力した男子中学生の1人は、「面と向かって言わずにすむからメールのほうがいいと思う。以前、彼女にべたべたしすぎるからもう嫌だと(直接)言ったら、本を投げつけられたから」と答えている。

交際経験のあるティーンエージャーのうち、インターネット上で相手を見つけたと答えたのはたった8%で、最も多かったのは交流サイト(SNS)のフェイスブックだった。

また、SNSのメッセージ機能を使ったり、交際ステータスを変えたりすることで別れを切り出したことがある人は、交際経験のある人のうち18%に上った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]