民家の便器でニシキヘビ相次ぎ発見、乾期で水欲しく? 豪州

水欲しさからか便器内に潜り込んだニシキヘビの1種=エリオット・バッドさん提供

水欲しさからか便器内に潜り込んだニシキヘビの1種=エリオット・バッドさん提供

(CNN) オーストラリア北東部クインズランド州タウンズビル市の民家などで今月、ニシキヘビの1種が「便器」内にうずくまっている騒ぎが2週間内に2件相次いだ。

ヘビの捕獲人として活動する男性のエリオット・バッドさんは、同州は乾期に襲われており、飲み水を探していたかもしれないと推測。また、交尾の時期を迎えており、より多くのエネルギーが必要でそれだけ水を欲していると分析した。

捕まえた2匹はいずれも「カーペットニシキヘビ」の個体で、有毒ではない。CNNの電話取材に応じたバッドさんによると、体長は最初のが3メートル、2匹目が2.4メートル。

1匹目は、民家の改修工事を行っていた少数の作業員が発見していた。ヘビは便器内にしっかりとしがみついていたためトイレ本体を解体してヘビを引きずり出したという。

2匹目発見の電話連絡が女性からあった時には、1匹目の例を踏まえ、誰かの冗談と受け止めたという。

2匹は開け放したドアや窓から家内へ入り込んだと見ている。水道管を通じて侵入した可能性は少ないと考えている。ヘビがトイレ内にひそんでいるのが見付かるのは異例としている。

バッドさんは「カーペットニシキヘビは危険視されていない。恐れることはないが、出くわした場合は構わないでおくのが最善の対応」と助言している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]