女子学生をトイレで「身体検査」、保安職員起訴 NY空港

ニューヨーク(CNN) 米ニューヨークのラガーディア空港で運輸保安局(TSA)の職員(40)が「身体検査」と称し、女子大学生(21)をトイレに連れ込んで体に触れるなどしたとして起訴されたことが31日までに分かった。

検察によると、職員は25日、空港内でユタ州ソルトレークシティーから到着したばかりの女性を呼び止め、身体検査と荷物検査の必要があると偽ってトイレへ誘導した。

女性は同性の職員による検査を求めた。しかし職員は女性に対して、鏡に向かって両手を挙げるよう命令し、衣服の上や下から体を触ったとされる。

その後「荷物検査はしない」と告げ、携帯電話で「武器もナイフも持っていないようだ」などと話す素振りを見せたという。

TSAによると、職員が保安検査場以外の場所で身体検査をすることは原則として認められていない。異性を検査する場合は別の職員が立ち会うなどの規則も定められている。起訴された職員にはすでに解雇処分が下され、当局が身柄を拘束している。

同職員は不法監禁や職権乱用、性的いやがらせなどの罪に問われている。有罪となれば最大で禁錮1年の刑が言い渡される。

米デンバー国際空港では今年4月、TSAの男性職員が女性職員と共謀し、男性乗客の体に触る目的で全身スキャナーの警報が鳴るよう仕掛けていたことが発覚。両職員とも解雇処分となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]