米警察、半日かけて180キロのブタを「救出」 偽情報で緊急出動

(CNN) 米デトロイト西部の民家でブタが人間の遺体を食べているという匿名の通報があり、駆け付けた警察がブタ1匹を救出する珍事があった。

通報があったのは26日。民家から悪臭が漂っていて、複数の人間の遺体がブタの餌にされているという内容だった。現場に急行した警察は、遺体捜索犬も動員して捜索を行ったが、遺体は発見できなかった。

代わりにこの民家の地下室で発見したのが体重約180キロのブタ1匹だった。地下室にははしごがあるだけで階段はなく、ブタは迷い込んだまま出られなくなっていた。

警察はレッカー車を使って救出を試み、続いて仮設スロープを設置して餌でブタを誘い出そうとした。ところがブタは動こうとしなかった。

結局、12時間近くかけてようやくブタを仮設スロープに乗せ、後ろから人の手で押し上げて脱出させた。

通報の内容は、警察を緊急出動させるための作り話だったとみられる。こんな騒ぎは初めてだったと警察幹部はこぼしている。

民家の持ち主はこの一帯に複数の物件を持つ男性で、最近死亡していた。ブタは近くの動物保護施設に引き取られた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]