ロンドンにミニブタカフェ、捨て豚防止の啓発に

(CNN) 英ロンドン東部にミニブタと触れ合えるカフェ「ピグニック」が5月下旬、期間限定でオープンする。

ピグニックは口コミサイトのイェルプが動物愛護団体と手を組んで、ミニブタをペットとして飼いたいという人たちの啓発のために開設する。期間は5月21~25日まで。入店するには30ポンド(約5400円)のチケットを入手する必要があり、既に申し込みが殺到している。もちろんメニューにベーコンはない。

イェルプの担当者によると、ミニブタはパリス・ヒルトンなどの有名人が飼い始めたことでブームになった。生まれた時はカップにも入るほど小さいことから「ティーカップ豚」として宣伝販売されているが、成長すると大型犬ほどの大きさになることを知らない飼い主も多く、結果として捨てられるケースが後を絶たないという。

「ロンドンには猫カフェやフクロウカフェなどの動物カフェが続々登場している。この街をもっと探検してもらう方法を考えている時に、捨て豚の話を聞いて憤慨した。動物カフェに対する関心と、豚の状況についての啓発活動を結び付けられれば」と担当者は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]