18時間で積雪256センチ、新記録か イタリア

画像=www.meteoweb.euより

画像=www.meteoweb.euより

(CNN) 米北東部はこの冬、記録的な大雪で大混乱に陥ったが、イタリア中部の町カプラコッタでは先週、18時間のうちに250センチを超える積雪があった。24時間以内の積雪量としては史上最大記録とみられる。

カプラコッタは首都ローマから東へ車で3時間ほど離れた人口1000人ほどの町。アルプスからは遠く離れているが標高1421メートルの高地に位置し、過去に何度も「ドカ雪」に見舞われたことがある。

この町に5日、わずか18時間で256センチの雪が積もった。約35キロ離れた町ペスココスタンツォでも、積雪量が240センチに達した。

これは、米ボストンに今年1~2月に降った雪の合計量を超えている。同市のこの冬全体の降雪量は計274センチだった。

イタリアの気象情報サイト、メテオウェブは、カプラコッタの住民が2階の窓から隣人と握手する姿を伝えている。

世界気象機関(WMO)によると、史上最大の24時間積雪量は1921年、米コロラド州シルバーレークで記録した193センチとされてきた。カプラコッタの積雪が正式な新記録と認定されるかどうか、WMOが確認することになっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]