人気ドリンクとお菓子の砂糖含有量を比べてみたら

2014.07.08 Tue posted at 12:08 JST

[PR]

(CNN) 世界保健機関(WHO)は今年3月、1日の摂取カロリーに砂糖などの糖類が占める割合を5%未満に抑えるよう呼びかける指針案を発表した。標準体形の大人の場合、これは25グラム(小さじ6杯)に相当する。

実は摂取量のかなりの部分を占めるのは、さまざまな加工食品に含まれる糖分だ。だが多くの専門家は、日々の摂取量を減らす決め手として甘い飲み物の量を減らすことを勧める。

そこで業界紙「飲料産業」がまとめた2013年のリポートをもとに、米国で人気の清涼飲料に含まれる砂糖の量と、甘い菓子に含まれる砂糖の量を比べてみた(すべて米国内で販売されている商品データによる)。

ちなみに米飲料協会によれば、多くのメーカーでは低糖・無糖タイプの清涼飲料もラインナップに加えている。「ノンアルコール飲料の45%、つまり半分近くは(砂糖の)含有量は0%だ」と同協会の広報は言う。

コカ・コーラ(炭酸飲料)

600ミリリットル入りのボトル1本に含まれる砂糖の量は65グラム。これは1口サイズのチョコロールケーキ5個分に相当する。

ペプシ(炭酸飲料)

600ミリリットル入りのボトル1本で砂糖69グラム。ちなみにチョコロールケーキ1個に含まれる砂糖は13グラム。

メールマガジン

[PR]