「ポテトサラダ作り」に出資者殺到、50万円を調達

「ポテトサラダ作り」に5000ドル以上の出資が

「ポテトサラダ作り」に5000ドル以上の出資が

(CNN) 米資金調達サイト「キックスターター」でこのほど「ポテトサラダを作る」と表明した米オハイオ州の男性が、予想をはるかに超える5000ドル(約50万円)の調達に成功した。

キックスターターは、プロジェクトのアイデアを提示して一般市民から資金援助を得る「クラウドファンディング」のサイト。同州コロンバスに在住のザック・ブラウンさんはポテトサラダを作るというごく日常的なプロジェクトを思い立ち、米独立記念日(4日)の連休中に同サイトに登録した。

「どんな種類にするかは未定」「初めてだからうまくできないかもしれない」と控えめなコメントを添え、当初の目標額は10ドルに設定。1ドル出資してくれた人には見返りとして、感謝の言葉をサイト上で贈り、調理中に名前を唱えると約束した。

20ドルの出資を申し出た人には、ポテトサラダをテーマにした自作の俳句とサイン入りのマヨネーズ1本を送ることにした。

資金が予想以上の勢いで集まり続けたため、ブラウンさんは目標を3000ドルに設定し直し、目標額に達したら「ネット界全体をコロンバスに招いてポテトサラダをふるまう」と表明。この目標も軽くクリアするのを見て、「大量のポテトサラダを用意するのに何週間もかかりそうだ」とうれしい悲鳴を上げた。

6日夜までに、850人以上が計5000ドル近い出資を申し出た。ブラウンさんは米掲示板サイト大手「レディット」で、「これほどの資金が集まるとは夢にも思わなかった」「ポテトサラダには私たちの心をひとつにする力があるようだ」と、驚きを語っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]