絶滅の危険性が高い100種のリスト公開 知られざる生物も

海南テナガザルは中国・海南島に生息。成体は20匹未満と見られている=Zoological Society of London提供

海南テナガザルは中国・海南島に生息。成体は20匹未満と見られている=Zoological Society of London提供

報告書をまとめた同学会のエレン・ブッチャー氏は「リストに挙げた生物はどれもユニークで、いったん消えてしまったらどんなにお金をかけても戻らない。しかし今すぐに行動を起こせば、生き残りのチャンスを与えることはできる」と訴える。

絶滅が懸念される種の中には、確かに金銭的価値の大きい生物もある。中国などではキグチという魚の浮き袋が漢方薬として珍重され、金の7倍以上の値段で取引される。だが、より広い意味での価値にも注目すべきだというのが、同氏らの意見だ。

IUCNのサイモン・スチュワート博士は「一見して存在価値が明らかでない生物もあるかもしれない。しかし実際には、すべての生物がそれぞれ違った意味で、地球の健全な機能に貢献しているのだ」と強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]