週の労働時間短縮の実験、「圧倒的成功」 アイスランド

労働時間を短縮したことで職員の心身の状態が改善されたという研究結果が発表された/Shutterstock

労働時間を短縮したことで職員の心身の状態が改善されたという研究結果が発表された/Shutterstock

(CNN Business) アイスランドで公務員を対象として試験的に週の労働時間を35~36時間に減らしたところ、職員の心身の状態が大幅に改善されたという研究結果が発表された。

実験はレイキャビク市の職員と国家公務員を対象に2015年と19年の2回にわたって実施。給与は減らさないまま、労働時間を週35~36時間に短縮した。参加者の多くは、それまで週40時間働いていた。

シンクタンクのオートノミーと調査機関Aldaの研究チームによれば、実験に参加した職員は、ストレス感や燃え尽き感から健康状態、ワークライフバランスに至るまで、心身の状態が「劇的に」向上したという。

今回の実験はワーク・ライフ・バランスを改善しながら生産性を維持または向上させる目的で実施され、アイスランドの労働人口の1%強に当たる2500人が参加した。調査の結果、ほとんどの職場で生産性やサービスは維持または改善されたことが分かった。

この実験を受け、アイスランドの労働組合は労働時間短縮の交渉を実施。同国の労働人口の約86%が労働時間を短縮しているか、労働時間短縮の権利を獲得したという。

オートノミーのウィル・ストロング調査局長は「どこから見ても圧倒的な成功だった」と位置付け、「公務員は週の労働時間短縮のパイオニアになれる。他国の政府もこれを教訓とすることができる」と強調した。

一方、英サルフォード大学のダイガ・カメラーデ准教授はCNN Businessの取材に対し、今回の実験には期待が持てるものの、公務員は民間に比べて労働条件が良いこともあり、それが調査に影響を及ぼしている可能性もあると指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]