歯磨き粉を最後まで絞り出せる、滑りやすいチューブ開発 米企業

コルゲートとリキグライドが手を組み、歯磨き粉を最後の一滴まで絞り出せる容器を開発した/Courtesy LiquiGlide

コルゲートとリキグライドが手を組み、歯磨き粉を最後の一滴まで絞り出せる容器を開発した/Courtesy LiquiGlide

(CNN) 米日用品大手コルゲートが、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のスピンアウト企業「リキグライド」と組み、滑りやすいコーティングで中身の歯磨き粉を最後まで絞り出せるチューブを開発した。廃棄物を一切出さないようにするのが狙いだ。

MITバラナシ・リサーチ・グループから独立したリキグライドは2012年、ケチャップの容器が完全に空になる様子を収めた動画を公開し、話題を呼んでいた。コルゲートの新たな歯磨き粉「エリクサー」でも、この滑りやすいコーティング技術を使うことで摩擦のない状態にしている。

リキグライドによると、ローションから洗濯洗剤まで数百万トンの製品が毎年、容器内に中身がくっついたまま捨てられている。歯磨き粉の場合、チューブ1本につき1~13%が廃棄されるという。

リキグライドは自社技術により、こうした廃棄物の量を減らしたい考え。滑りやすいコーティングは容器の内容物に合わせて設計したものを使う。

コルゲートは今のところ、特別コーティングを施したチューブを欧州でのみ販売している。米国での発売予定があるかは不明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]