VWの米国法人、「社名変更」はエイプリルフールの冗談

フォルクスワーゲン(VW)の米国法人は社名変更は行われないと明らかにした/Ole Spata/picture alliance/Getty Images

フォルクスワーゲン(VW)の米国法人は社名変更は行われないと明らかにした/Ole Spata/picture alliance/Getty Images

(CNN Business) ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の米国法人は30日、社名の「フォルクスワーゲン(Volkswagen)」から「ボルツワーゲン(Voltswagen)」への変更はエイプリルフールの冗談だったと明らかにした。

社名の変更は電気自動車(EV)の推進を反映したものだが、実際には変更はされないという。

VWの米国法人はCNN Businessに対し、声明で、ボルツワーゲンへの社名変更は行われないと明らかにした。社名変更はエイプリルフールの精神にのっとったもので、スポーツ用多目的車(SUV)のEV「ID.4」の発売を強調し、すべての車種をEVとする取り組みを示すものとなることを狙っていたという。今回の出来事について近く追加情報を発表するとしている。

今回の出来事は29日にVWの米国法人が一時的に公開した未完成のプレスリリースを公開したことで波紋を呼んでいた。そこには社名をボルツワーゲンに変更すると書かれていた。

ただし、4月1日の「エイプリルフール」が目前で、今回の未完成のプレスリリースが本当の計画なのか、適度な冗談が時期尚早で公開されたのかは不明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]