インド国産ワクチン「コバクシン」、有効性81%

インドの製薬会社バーラト・バイオテックが開発した新型コロナワクチンの「コバクシン」/Vishal Bhatnagar/NurPhoto/Getty Images/FILE

インドの製薬会社バーラト・バイオテックが開発した新型コロナワクチンの「コバクシン」/Vishal Bhatnagar/NurPhoto/Getty Images/FILE

(CNN) インドの製薬会社バーラト・バイオテックは3日、同社が開発した新型コロナウイルスワクチン「コバクシン」について有効性が81%だったと明らかにした。ワクチンの開発にはインド医学研究評議会(ICMR)も参加している。

臨床試験(治験)には18~98歳の2万5800人が参加した。有効性は43件の感染事例の早期分析に基づいている。プラセボ(偽薬)を投与された参加者のうち36人が発症したが、コバクシンの接種を受けた参加者の発症は7件だった。

バーラト・バイオテックは、国立ウイルス研究所の分析によれば、コバクシンは英国で最初に発見された変異株についても効果があることが示されたと述べた。

バーラト・バイオテックのクリシュナ・エラ会長は、「きょうは、ワクチンの発見と科学、新型コロナウイルスとの戦いにおいて重要な節目となった」と指摘。コバクシンは新型コロナウイルスに対する高い臨床的有効性を示しただけでなく、変異ウイルスに対しても十分な免疫原性を示したと述べた。

コバクシンは2度の接種が必要なワクチン。インド国産の新型コロナウイルスワクチンとしては初。コバクシンについては、モンゴルやミャンマー、スリランカ、フィリピン、バーレーン、オマーン、モルディブ、モーリシャスなど40カ国以上が関心を寄せている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]