J&J、ワクチン治験を中断 参加者1人の不調受け

参加者1人が不調を訴えたとして、米J&Jがワクチンの治験を中断した/Johnson & Johnson/AP/FILE

参加者1人が不調を訴えたとして、米J&Jがワクチンの治験を中断した/Johnson & Johnson/AP/FILE

(CNN) 米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は12日、最終段階に入っていた新型コロナウイルス向けワクチンの臨床試験(治験)を停止すると発表した。参加者の1人に原因不明の不調が起きたため、ワクチンとの関係を調べる。

同社は声明で、治験の安全性を監視する独立委員会と内部の医師らが調査に当たっていると説明。大規模な治験で不調や事故が起きることは珍しくないと述べ、米食品医薬品局(FDA)など規制当局から中止を求められるケースとは違うと強調した。

社内の規定上、予想外の重篤な有害事象が起きた場合は試験を中止し、慎重に調べたうえで再開の判断を下すことになっているという。

参加者の不調については本人のプライバシーを尊重し、情報を公開する前に全容を把握する必要があるとして、詳細への言及を避けた。

J&Jのワクチンは先月から最終段階の第3相に入っていた。米国内では現在、ワクチン候補6種類の治験が進行中で、第3相試験が始まったのは4種類目。投与が1回で済むことから、2回投与が必要な他社の候補に比べ、治験が早めに完了するとの期待も寄せられている。

英製薬大手アストラゼネカも先月、ワクチン候補の第3相試験で英国の参加者1人に神経系の症状が出たとして、一時的に治験を停止した。その後、英国などの治験は再開したが、米国ではFDAが調査中で今も中断されたままだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]