スタバ、北米の店舗を2週間閉鎖 病院の周辺などは除く

スターバックスの顧客がドライブスルーを利用する様子/Bruce Bennett/Getty Images

スターバックスの顧客がドライブスルーを利用する様子/Bruce Bennett/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) コーヒーチェーン世界大手の米スターバックスが米国とカナダの店舗について、提供するサービスをドライブスルーや配達に絞り、2週間閉鎖することがわかった。ただし、病院などの周辺の店舗については営業を続けるという。

スターバックス幹部が公開した書簡によれば、従業員は在宅を選択しても来月の給与は支払われるという。同幹部は、一部地域の店舗で多くの人出を経験しており、新型コロナウイルスの拡大抑止に向けてより多くの取り組みをする必要があるとしている。

一部のドライブスルー型の店舗などについては営業を継続する。また、病院や医療施設の内部やその周辺で運営している店舗については、救急隊や医療従事者に対するサービス提供の観点から閉鎖はしないという。一部都市では出前サービス「ウーバー・イーツ」を通じて商品の提供を続ける。

スターバックスは今月に入り、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、座席の制限や個人のカップの使用の停止といった措置を導入していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]