NY証券取引所、取引フロアを閉鎖 関係者2人が新型コロナ陽性

NY証券取引所、取引フロア閉鎖 関係者に新型コロナ陽性反応で

ニューヨーク(CNN Business) 米ニューヨーク証券取引所(NYSE)を運営するインターコンチネンタル・エクスチェンジは18日、同取引所の取引フロアを一時的に閉鎖し、23日からは全面的に電子取引に切り替えると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための措置。

NYSEはこの発表に先立ち、取引フロアの関係者とNYSE従業員の2人について、新型コロナウイルスを原因とするCOVID―19の陽性反応が出たことを明らかにしていた。

同取引所は入場者全員を対象としてスクリーニングを行っており、陽性反応が出た2人はいずれも16日のスクリーニングで入場が認められなかった。

閉鎖されるのはニューヨークにあるNYSE証券取引フロアとNYSEオプション取引フロア、およびサンフランシスコにあるNYSEアーカ取引フロア。全面的な電子取引は23日の取引開始から始まる。

取引フロアが閉鎖されても、市場は通常通りの取引時間帯で運営を継続する。

陽性反応が出た2人が最後に取引所の建物に入ったのは13日だった。翌日には建物の消毒が行われた。

インターコンチネンタルは、取引フロアの再開がいつになるのかは明らかにせず、「状況を判断して適切な時期を見極める」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]