米セブン―イレブン、7月11日生まれの女児に奨学金の申し出

7月11日生まれのジェイミーちゃん。米セブン―イレブンが大学進学資金の提供を申し出た/Rachel Langford

7月11日生まれのジェイミーちゃん。米セブン―イレブンが大学進学資金の提供を申し出た/Rachel Langford

(CNN) 米ミズーリ州で今月11日の午後7時11分、体重7ポンド11オンス(約3487グラム)で生まれた女児に、米セブン―イレブンが奨学金として7111ドル(約77万円)の贈呈を申し出た。

同州セントルイスのレイチェル・ランフォードさんは長女のジェイミー・ブラウンちゃんを産んで注目を浴び、電話の対応に追われている。

なかでもセブン―イレブンからの電話には驚いた。当初はベビー服やおむつなどをかごに詰めて贈るとの連絡だったが、その後改めて、大学進学へ向けた奨学金の申し出があったという。レイチェルさんは仰天しながらも、喜んで受け入れた。

セブン―イレブンの担当者はCNNの取材に対し、かご入りギフトに加えて奨学金も贈る約束をしたことを確認した。

ランフォードさんには6歳の長男もいる。家計は決して楽でないため、奨学金は「とても助かる」という。

ジェイミーちゃんはぐずることもなく、よく飲みよく眠るそうだ。ランフォードさんは「不思議なことに、この子が生まれてから家の中が落ち着いて、用事も片づくようになった」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]