ピンク色のチョコレート、スイス大手が独自製法で開発

2017.09.07 Thu posted at 15:19 JST

[PR]

ロンドン(CNNMoney) スイスの業務用チョコレート大手バリーカレボーは7日までに、「ルビー」というカカオ豆を原料とするピンク色の新しいチョコレートを発表した。

同製品は上海のイベントで披露された。天然の赤みがかった色とベリー系のフルーティーな風味が特徴で、これまでのチョコレートのビター、ミルク、スイートに続く「4番目の種類」と位置付ける。

原料にベリーやベリー香料は使われていないといい、「何年もかけて開発した革新的な工程」によって、カカオ豆のフルーティーな風味を引き出したとしている。

ただし、バリーカレボーが原料や製造工程について詳しい情報を公開していないことから、このチョコレートの先行きに疑問を投げかける声もある。ある専門家は、ここ数年で他のメーカーも「4番目のチョコレート」を売り出しているが、いずれも単なる宣伝で終わったと指摘した。

バリーカレボーは業務用チョコレートの世界大手で年商は約70億ドル(約7600億円)、従業員数はおよそ1万人。消費者向け製品の販売は行っておらず、世界のチョコレートメーカーに製品を供給している。

メールマガジン

[PR]