中古品には要注意、犯罪防止へ盗難腕時計追跡サービスが活躍

2018.01.01 Mon posted at 12:20 JST

[PR]

(CNN) 腕時計の購入に伴うリスクの1つは、盗品をつかまされることだ。工場から出荷されたばかりの、正規の小売店で購入した新品と違い、中古の腕時計はその出所が重要となる。

英国のオンライン中古腕時計販売大手「ウォッチファインダー」が、新しい盗難腕時計追跡サービスの1つ、「ウォッチレジスター」を通じて在庫品のチェックをしているのもうなずける。

ウォッチレジスターは、世界最大級の盗難美術品データベースの1つ、「アート・ロス・レジスター(ALR)」が提供する腕時計専門サービスで、2014年に設立された。

盗品を発見することにより、警察や小売業者、オークション会社、さらに盗難の被害者を支援することを目的としているが、盗品の発見には同社のシステムにその製品の詳細があらかじめ登録されている必要がある。

現在、同社のデータベースには5万個以上の盗難腕時計の情報が入っており、このデータの活用によって盗まれた腕時計を取り戻したり、窃盗犯が盗難品を売却しづらくしたりすることで、盗難件数を減らす効果もある。

中古腕時計を販売する従来型の店やオンラインショップの急増、およびオークションでの売買の増加により、盗難腕時計の売却はこれまで以上に容易になっており、高い知名度と実績のある業者でも警戒を要する。

ウォッチレジスターのマネジングディレクター、カチャ・ヒルズ氏によると、腕時計は小さく、高価で、世界の誰もが欲しがるため、盗難現場から離れた場所でもすぐに出回るという。

腕時計メーカー各社も盗難の被害にあった個人客が盗品を取り戻す支援をしているが、業界の統一的な取り組みは行われていない。

メールマガジン

[PR]