全日空便に別の便の乗客、8時間かけロサンゼルスへ引き返す

(CNN) 米ロサンゼルスから東京へ向かっていた全日空の旅客機に、搭乗予定のない乗客が乗っていたことが分かって途中で引き返すハプニングがあった。同機は8時間の飛行の末、出発地のロサンゼルスに戻った。

この騒ぎは米国時間の26日、全日空175便で発生。同便に乗り合わせたモデル、クリッシー・テイゲンさんのツイッターへの投稿で明らかになった。

航空関係者によると、同便は乗客226人を乗せてロサンゼルスを出発したが、離陸から4時間ほど過ぎたところで、「管理上の混乱」のために引き返した。

司法関係者がCNNに語ったところによると、原因は、別々の便で東京へ向かうはずだった兄弟が、2人とも175便に搭乗できてしまったことだった。2人の名前はよく似ており、乗員が間違いに気づいたのは、同便が離陸した後だった。

全日空は、搭乗便を間違えた乗客がいたため、同社の安全手順に従ってロサンゼルスに引き返したと説明。「乗客のうち1人が違う便に搭乗していたことを客室乗務員から操縦士に連絡し、機長の判断で出発空港に引き返した」として、乗客に謝罪した。

別の便の乗客が搭乗できてしまった経緯については調査が進められている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]