中古品には要注意、犯罪防止へ盗難腕時計追跡サービスが活躍

ウォッチレジスターの運営費の大半は、詳細かつ綿密な調査の調査料でまかなわれている

ウォッチレジスターの運営費の大半は、詳細かつ綿密な調査の調査料でまかなわれている

現在、同社のデータベースには850を超えるブランド、メーカー、腕時計職人の製品が登録されており、ロレックスの腕時計だけで1万3000件を占めている。そのほか、パテック・フィリップやカルティエ、オメガ、オーデマピゲの腕時計も登録されている。

ヒルズ氏は最近の動向や傾向にも目を光らせており、それがウォッチレジスターのようなサービスの必要性を一層高めている。

当然ながら、盗まれた腕時計はインスタグラムなどのオンライン上でも販売されている。またヒルズ氏によると、腕時計は美術品や骨董品に比べ、盗難後市場に出回るまでの時間が短いという。

ウォッチレジスターに登録されていた盗品の高級時計を扱っていたロンドンの時計商が有罪判決を受け、今年6月に収監されるなど、同社のサービスは盗難事件の解決に大きく貢献している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]