インスタントコーヒーからバイアグラ類似成分、回収へ 米

インスタントコーヒーから、バイアグラの類似成分が検出された

インスタントコーヒーから、バイアグラの類似成分が検出された

(CNN) 全米で販売されていたインスタントコーヒーから、成分表示ラベルに記載されていない、性機能改善薬バイアグラの類似成分が検出され、業者がリコール(自主回収)に乗り出した。

米食品医薬品局(FDA)によると、リコールの対象となるのはテキサス州のベストハーブズ・コーヒーが販売していたハーブコーヒー製品。FDAが検査したところ、コーヒーの顆粒から「デスメチル・カルボデナフィル」という成分が検出された。

デスメチル・カルボデナフィルは、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルの類似成分。ニトログリセリンなど一部の処方薬に含まれる硝酸エステルに反応することがあり、血圧を危険な水準まで低下させてしまう可能性もある。硝酸エステルを含む医薬品は、糖尿病や高血圧、高コレステロール、心疾患の男性に処方されることがある。

問題のコーヒーからは、やはり成分表示にはない牛乳の成分も検出された。牛乳アレルギーの人などがこのコーヒーを消費すれば、アレルギー反応を引き起こして命にかかわる恐れもある。

問題のコーヒーは男性機能増強製品として宣伝され、インターネットを通じて2014年7月から16年6月まで全米で販売されていた。これまでのところ、健康被害は報告されていない。

FDAは2016年にも、同様のコーヒー製品から成分表示に無記載のデスメチル・カルボデナフィルが検出されたとして、この製品を買わないよう消費者に勧告した。今年5月にも、バイアグラの類似成分を含んだコーヒーがリコール対象となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]