米右派系ニュースサイト編集者が辞任、小児性愛の問題発言で

動画での発言をきっかけに、大手出版社サイモン&シュスターはヤノポロス氏の著書の出版計画を撤回した。

また、ブライトバートのアレックス・マーロウ編集長は、発言は「まったく弁護の余地がなく」「ぞっとする」と述べた。

CNNMoneyの電話取材に対しヤノポロス氏は20日、13歳の少年うんぬんという発言は、自分の初体験の年齢に触れたに過ぎず、小児性愛は「悪質で胸が悪くなるような犯罪」だと考えていると主張した。

編集長から辞任を求められたのかという問いにはノーコメントだった。また、辞任についてはバノン氏とも話していないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]