エアアジア、米国乗り入れへ アジアの格安航空で初

マレーシアの格安航空エアアジアが、米国への乗り入れ許可を獲得=エアバス提供

マレーシアの格安航空エアアジアが、米国への乗り入れ許可を獲得=エアバス提供

香港(CNNMoney) マレーシアの格安航空大手エアアジアは、米当局から同国への乗り入れ許可を得たことを明らかにした。アジアの格安航空会社として初の米国乗り入れとなる。

エアアジアはアジア地域の格安航空の先駆けとしてスタートし、急成長を遂げてきた。

米国便は同社傘下で中・長距離路線を手掛けるエアアジアXが運航する。目的地としては、ハワイを含む米国の複数の州を検討しているという。

エアアジアXは現在、アジア太平洋、中東、アフリカの各地域に路線を展開している。欧州ではロンドン、パリ便が2012年、需要低迷で廃止されたが、米国便ではより良い業績が期待されるという。

エアアジアXが運航するエアバス330―300型機の座席数はエコノミークラスが365席と、ビジネスクラスに相当する「プレミアム・フラットシート」が12席。エコノミーの機内食や荷物の預け入れは有料となっている。

エアアジアの安全性は、14年に傘下のインドネシア・エアアジア機が墜落した事故で評価を大きく下げた。航空関連情報サイト「エアライン・レーティングス」によると、インドネシア・エアアジアの安全性評価は7段階中の下から2番目。一方、エアアジアXは上から2番目で、サウスウェスト航空など一部の米格安航空を上回っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]