米陸軍の新型短銃、シグ・ザウエルが開発へ

M9は敵に投げつけるのがベスト? 米公聴会

(CNN) 米陸軍は21日までに、次世代の短銃の製造元にドイツのシグ・ザウエル社を選び、新型モデルを開発させる決定を下した。現在の標準装備品であるイタリアのベレッタ社のM9型短銃の後継モデルとなる。

米陸軍が求める新型短銃はシグ・ザウエル社のP320型を下敷きにしたものとなる見通し。米陸軍が同社に要求する性能の改善内容などは明らかにされていない。

同社は米ニューハンプシャー州エクセターに子会社を所有している。

陸軍の声明によると、徹底的な性能検査をへた支給開始は今年内にも予定されている。

M9型は1985年から装備品となったが、米軍内ではその性能への不満が漏れてもいた。同モデルの一番効果的な使用方法は敵に銃ごと投げ付けることだとの冗談も流れていたという。

また、M9型の後継短銃を選定する作業にこれまで10年要していたことも米議会内で批判の材料になっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]