泥が生んだ1億ドル企業 リピーター続出の過酷レースとは

「私の教授は、(タフ・マダーなど)とんでもないアイデアで、泥の中を走るために金を出す人などいないと言った」とディーン氏は語る。しかし結局、その教授の考えは間違っていた。タフマダーはわずか6年の間に売上高1億ドルの企業に成長した。2010年の創業以来、200万人以上の人々がタフ・マダーのイベントに参加している。

従業員数は約160人で、さらに数百人の請負業者とボランティアの人々がコース作りとイベントの運営を手伝っている。現在、同社は3大陸で年間約50のイベントを開催し、各イベントには約1万人が参加している。参加者は75ドル~210ドルを支払ってチケットを購入する(予約する時期によって価格が異なる)。

一見危険そうなレースだが、参加中に死亡した人はこれまでわずか1人で、マラソンやトライアスロンなど、大勢の人々が参加する他のレースと比べ事故は少ないという。

しかし、このビジネスのランニングコストは決して安くない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]