リベリア国民の7割が贈賄経験、アフリカで最悪 NGO調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サハラ砂漠以南のアフリカ諸国について、汚職の実態を探る調査が行われた

サハラ砂漠以南のアフリカ諸国について、汚職の実態を探る調査が行われた

(CNN) 世界各国の汚職問題などを調査する国際NGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」は27日までに、アフリカ西部リベリアでは国民10人のうちの7人が医療や教育面でのサービスを受けるため賄賂支払いを強いられているとの最新報告書を公表した。

この比率はアフリカ諸国で最高水準としている。また、同国の国民58%は賄賂の悪習は一段とはびこりつつあると判断していた。

報告書は、アフリカ諸国の統治能力などを調査する団体「アフロバロメーター」と協力して作成した。調査の対象は、サハラ砂漠以南のアフリカ諸国28カ国の住民4万3000人以上だった。

報告書によると、これら地域の諸国で過去1年に賄賂を支払った経験を持つ住民は約7500万人。貧困層の被害が最もひどく、富裕層に比べ2倍の規模になっている可能性があるとしている。富裕層はコネを使って賄賂を避けているが、貧困層は汚職の役人に立ち向かえない弱い立場にあることを反映しているとした。

国民の権利を守るべきはずの警察や裁判所が最も腐敗しているとも主張。警官への助力の要請、検問所通過、罰金や逮捕の回避などで警察などと接触した住民の4分の1以上が賄賂を使ったと報告したという。

また、贈賄を認めた住民の半数以上が年間では複数回支払っていると答えていた。

「Business」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]