キリストの飲んだワインの味、イスラエルのワイナリーが再現に挑戦

キリストの飲んだワインの味は?

エルサレム(CNN) 聖書にはワインに言及したくだりがあふれている。箱舟で有名なノアはワインに酔い、キリストは水をワインに変えた。しかしそれがどんなワインだったのかは、聖書のどこにも書かれていない。

イスラエルやヨルダン川西岸で、聖書に出てくるワインの再現に挑戦するワイナリーが少数ながらも増えている。古代から伝わるブドウの品種を現代の科学と組み合わせ、何千年も前にこの地で消費されていたのがどんなワインだったかを突き止めて生産しようと試みる。

ヨルダン川西岸の入植地にある自宅近くでワイナリーを営むエリヤシブ・ドローリさんは、「ダビデ王の食卓に登場したワインや、イエスなど聖書の登場人物にまつわるワインはみんなが飲みたいと思うはず」と話す。

アリエル大学の研究者でもあるドローリさんは、ワイン造りに使われていたブドウの種類を突き止めるため、遺跡発掘現場で見つかったブドウの種を調べた。

ワインの種類は聖書の年代によって異なるものの、当時は現代のように特定の種類のブドウからワインを造っていたわけではなさそうだとドローリさんは指摘する。

ドローリさんが調べた同地固有のブドウの品種120種のうち、約20種がワイン造りに適していることが判明。「私にとってワインとの再会は、自分たちのルーツや歴史、自分たちの祖先の暮らしとの再会でもある」とドローリさんは言う。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]