マンション屋上にスキー場、カザフ首都で建設構想

空から見るとアスタナの野心的な建物群が一望できる

空から見るとアスタナの野心的な建物群が一望できる

スラローム・ハウスのデザインは先月、シンガポールで開催された世界建築フェスティバル(WAF)の将来プロジェクト・住宅部門にノミネートされた。応募書類によると、低層階部分には小売店や飲食店のスペースが入り、その上に2寝室の住居421戸を設ける。スキー専用の入り口からは眺望の良い「パノラマ・エレベーター」で屋上まで上ることができる。

アスタナには美術館や商業施設、政府機関など、近未来的なビルが立ち並んでいる。2004年には長期政権を維持するナザルバエフ大統領が職務を行う大統領宮殿も建築された。新たなプロジェクトが実現すれば、またひとつユニークな建物が加わることになる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]