マンション屋上にスキー場、カザフ首都で建設構想

スキーコースを屋根に載せたマンション「スラローム・ハウス」のイメージ図

スキーコースを屋根に載せたマンション「スラローム・ハウス」のイメージ図

(CNN) カザフスタンの厳しい冬も、自宅でスキーができれば楽しく過ごせる――。同国の首都アスタナに「スキー場付きマンション」の構想が持ち上がっている。

「スラローム・ハウス」と呼ばれるこのプロジェクトは、カザフスタン建築家協会のメンバーでスキー愛好家のショハン・マタイベコフ氏が提案している。

建築許可が得られれば、21階建てマンションの屋上から出発する全長326メートルの斜面でスキーが楽しめるようになる。

同氏がCNNへのメールで明かしたところによると、総工費は7000万ドル(約84億円)前後。実現に向けて、一部の業者などがすでに関心を示しているという。

アスタナは零下15℃にもなる厳しい寒さにもかかわらず、スキーやスノーボードを楽しめる場所がほとんどなく、最も近いスキー場まで車で4時間もかかる。マタイベコフ氏はもっと気軽にスキーがしたいという思いから、このプロジェクトを思い立ったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]