カナダ企業、新鮮な空気を中国へ「輸出」 売れ行き好調

ボトル入りの「空気」が、好調な売れ行きをみせている

ボトル入りの「空気」が、好調な売れ行きをみせている

(CNN) 大気汚染が深刻化する中国に、カナディアンロッキーのきれいな空気を――。カナダの新興企業「バイタリティー・エア」が輸出を始めたボトル入りの空気が、好調な売れ行きをみせている。

バイタリティー・エアによると、カナダ西部のスキーリゾート、バンフの空気を詰めたボトルを先月中国で売り出したところ、最初に出荷した500本が2週間で売り切れた。次回の出荷に向けた予約は、すでに1000件近くまで達しているという。

価格はボトルのサイズによって違い、1本14~20ドル(約1700~2400円)だ。

中国北部はスモッグに覆われることが多く、特に暖房の季節になると汚染が深刻化する。当局は先ごろ、大気汚染警報を初めて4段階中の最悪レベルまで引き上げた。

バイタリティー・エアの共同設立者、モーゼス・ラムさんは昨年、インターネットのオークションに出品した袋詰めの空気が99セントで落札されたのをきっかけに、空気の商品化を思い立ったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]