英国に宇宙港、2018年までに開業へ

宇宙観光の準備を進めるヴァージン・ギャラクティック社は英国拠点にも興味=同社提供

宇宙観光の準備を進めるヴァージン・ギャラクティック社は英国拠点にも興味=同社提供

(CNN) 英政府は米国外で初となる宇宙港を2018年までに開港する計画だ。ハンプシャー州で開かれているファンボロー国際航空ショーで15日に正式発表する。

英政府は宇宙産業分野で10%の世界シェアを確保し、この分野の産業価値を現在の4倍に当たる年間680億ドル(約6.9兆円)へと引き上げたい考え。

デービッド・ウィレッツ科学相は、英国内で宇宙船を打ち上げるために法令などの整備を進め、英国初の宇宙港の建設候補地も絞り込んだと説明。「英国の宇宙産業を中国経済よりも速いペースで成長させる」という目標を掲げた。

英国はこれまで自国ではなくオーストラリアでロケットの打ち上げを行ってきた。しかし今回の発表によって国内の候補地を巡る競争が過熱し、スコットランドなどの各地が候補として取りざたされている。

民間でもリアクション・エンジンズ社が再利用可能な無人操縦宇宙船の設計を披露したほか、宇宙観光のヴァージン・ギャラクティック社を率いるリチャード・ブランソン氏も英国の宇宙港利用に関心を示す。

ヴァージン社は年内に米ニューメキシコ州から宇宙観光船を打ち上げる見通し。現時点では20万4000ドル(約2070万円)の旅行代金がかかるが、競争の激化やインフラの整備によって、英国の宇宙港が開港する2018年までに、最大で80%の値下がりが見込めると英当局は試算している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]