中国企業、3社がトップ10入り 世界企業番付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウォルマート・ストアーズがロイヤル・ダッチ・シェルを抜いて首位に

ウォルマート・ストアーズがロイヤル・ダッチ・シェルを抜いて首位に

(CNN) 米経済誌フォーチュンがまとめた世界大手企業500社のランキングで、米小売り大手ウォルマート・ストアーズが英蘭系石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルから2年ぶりに首位の座を奪還した。上位10社のうち3社は中国企業が占め、米国企業の2社を上回った。

フォーチュンは売上高をもとにランキングを発表している。ウォルマートの売上高は前年比1.5%増の4760億ドル(約48兆円)だった。日本からはトヨタ自動車が9位に入った。

上位500社を国別にみると、米国企業が128社と「今のところ」(フォーチュン誌)最多を保っている。しかし前年に比べると4社減り、代わって中国企業が95社に増えた。

新たにフォーチュン500社入りした23社のうち、中国企業は7社を占めている。

最高経営責任者(CEO)の性別でみると、女性がCEOを務める企業は500社中、17社のみ。それでも前年の12人より増えた。

上位10社のランキングは以下の通り。

1.ウォルマート・ストアーズ(米国)

2.ロイヤル・ダッチ・シェル(オランダ)

3.中国石油化工集団(中国)

4.中国石油天然ガス(中国)

5.エクソンモービル(米国)

6.BP(英国)

7.国家電網(中国)

8.フォルクスワーゲン(ドイツ)

9.トヨタ自動車(日本)

10.グレンコア(スイス)

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]