リスクに対して積極的?消極的? タイプで異なる「成功」への道

(CNN) あなたはリスクを積極的に取りますか、それとも、なるべく避けますか。あるいは、過度の楽観論や賞賛は不快ですか、それとも、朗らかな人間だと思われていますか――。

とても簡単な質問だが、人生を変えてしまう位の影響力がある。簡単に言うと、どちらのタイプかによって、目標についての考え方が異なるのだ。

最初に、「仕事をうまくこなす」という目標の動機となるものが、その人のタイプによって違うことについて触れたい。

一部の人にとってその動機とは、昇進や報酬など、何かを得る可能性であり、このタイプの人は「上昇志向型」と呼ばれる。

残る人々にとっては、「仕事をうまくこなす」ことの動機は、持っているものを守るということだ。このような「予防志向型」と呼ばれる人は危険を避ける傾向にあり、責任感は強く、トラブルを嫌う。

そして重要なのは、上昇志向型と予防志向型とでは、到達すべき目標は同じでも、戦略や長所、犯しがちな失敗などが異なるため、やり方も全く異なるということだ。自分のタイプを知り、それに合った方法で努力をすべきなのだ。

インターネット上でも自分のタイプは判別できるが、以下のような行動パターンの比較で、かなり正確にタイプの判別が可能だ。

上昇志向型の人は、創造的・革新的なほか、賭けを好み、楽観的であり、仕事は速く、チャンスを捉えるのが得意だ。その一方で、短所としては、ミスが多いほか、失敗時の備えを忘れがちで、細部に気を配れず、大き過ぎるリスクも取りがちだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]