香港不動産市場を悩ます「呪われた家」 価格を決めるのは誰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

敗訴した大手不動産業者は、対象となったマンションについての必要な情報を得ていなかったとして、4万ドル近くの支払いを命じられている。

だが、ここで言及されているような情報は現在、情報の収集方法について管理も監督もされていない無責任なデータベースによって提供されている。

CNNは、凶宅情報に関して最も広く利用されているウェブサイト「hk-compass.com」への取材を何度も試みたが失敗に終わった。このサイトは、管理者の名前を表示しておらず、サイト運営者の電話番号も不明だ。

このサイトの価格表によると、凶宅情報は年間約42ドルで不動産業者に提供されている。

これらのサイトは運営者も分からないため当局に問題を通報することしかできない。不動産所有者団体の代表は、住宅所有者に多額の損害をもたらしているにもかかわらず当局は動こうとはしないと不満をあらわにする。

この代表が唯一頼りに出来そうだと語っていた香港立法会で不動産業界を代表する議員にも、香港運輸住宅局にも、CNNは取材することが出来なかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]