韓国で7歳女児を自宅から拉致し性的暴行か、男拘束 社会に衝撃

ソウル(CNN) 韓国南西部にある全羅南道羅州市の警察は8月31日、7歳女児を自宅から連れ去り、暴行した疑いで男を拘束したと発表した。

韓国社会では異常な犯行に対する怒りが広がり、ソーシャルメディアでは犯人の厳罰を求める声が相次いだ。CNN系列局によると、李明博(イ・ミョンバク)大統領は31日、警察庁を予告なしに訪問し、今回の事件を未然に防げなかった当局の対応を謝罪した。

調べによると、女児は自宅の居間で母親、3人の兄弟と寝ていたところ、連れ去られていた。女児は警察に、容疑者は知らない男と話している。拉致の詳しい経緯などは伝えられていない。

女児の両親は現地時間の30日午前7時ごろ、子どもがいないことに気付き、約30分後に警察に通報。周辺の警察からの応援も得て女児を捜していたところ、同日の午後0時55分ごろに羅州市の川近くの歩道で発見した。

同市の警察当局者によると、女児は裸姿で毛布に包まれ、性的暴行を受けた形跡があったという。体液の付着も見付かり、科学捜査研究所に送って調べている。

韓国では昨年、一部の性犯罪者に対し薬物投与で化学的な去勢を行うことを認める法律が発効している。韓国法務省によると、この処罰の対象者は16歳未満の児童に対する性犯罪者で、年齢は19歳以上となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]