G7外相会合、共同声明でガザ戦闘の「人道的休止」を支持

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京で集合写真に収まるG7外相とEUの代表/ Sina Schuldt/picture-alliance/dpa/AP

東京で集合写真に収まるG7外相とEUの代表/ Sina Schuldt/picture-alliance/dpa/AP

(CNN) 東京で開催された主要7カ国(G7)外相会合は8日、パレスチナ自治区ガザ地区に支援物資を届け、住民の移動と人質解放を進めるために、戦闘の「人道的休止」を支持することで一致した。

外相らは共同声明で、国際法に基づくイスラエルの自衛を支持すると述べる一方、イスラム組織ハマスを非難し、人質全員の即時解放を求めた。

また、ガザ地区の人道危機に対処する緊急行動が必要だと訴え、戦闘を停止して物資搬送や市民の移動、人質解放のため2つの回廊を開設することに支持を表明した。

さらに、G7各国がガザ地区をめぐる問題の持続的な解決と、イスラエル、パレスチナの二国家共存につながる和平交渉の再開に努める方針を確認した。

ただし、アラブ諸国が求める停戦への呼び掛けは盛り込まれなかった。国際社会からも現在、イスラエルの軍事作戦を非難し、停戦を求める声が強まっている。

「パレスチナ」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]