米韓、最新鋭ステルス戦闘機で合同訓練へ 北朝鮮をけん制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国の最新鋭ステルス戦闘機「F35A」=3月25日/AP

韓国の最新鋭ステルス戦闘機「F35A」=3月25日/AP

韓国ソウル(CNN) 米空軍の最新鋭ステルス戦闘機「F35A」6機が5日、韓国に展開した。米韓両軍が14日まで実施する合同訓練に、韓国のF35Aとともに参加する。

米空軍のF35Aは、米アラスカ州のアイルソン空軍基地から派遣された。

韓国国防省はこの展開について、両軍の相互運用性を強化し、強力な抑止と連合防衛態勢を示すのが目的だと述べた。

韓国の報道担当者によると、両軍のステルス戦闘機による合同訓練は今回が初めて。

専門家らによると、北朝鮮に対していかなる行動を取る場合も、レーダーの探知を逃れるステルス戦闘機は不可欠とされる。

F35Aは世界でも最新鋭の戦闘機のひとつ。韓国軍には2018年、米ロッキード・マーティンが第1弾を納品し、この春に計40機の配備が完了した。

米空軍のF35Aが韓国に展開されたのは17年の定例合同演習以来、約4年半ぶり。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]