ホットドッグ早食い、米男性が15勝目 女性の優勝は須藤さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホットドッグ早食いコンテストで優勝したジョーイ・チェスナットさん/Julia Nikhinson/AP

ホットドッグ早食いコンテストで優勝したジョーイ・チェスナットさん/Julia Nikhinson/AP

(CNN) 米独立記念日の4日にニューヨークで開催されたホットドッグ早食いコンテストの男性部門で、米フードファイター、ジョーイ・チェスナットさんが15回目の優勝を果たした。女性部門では須藤美貴さんが王座を奪還した。

チェスナットさんは10分間に63個のホットドッグを平らげ、2位に15個半の差をつけて優勝。これまで16回の大会のうち通算15回目、連続7回目の制覇となった。

右足にギブスをつけ、松葉づえをついての出場だったが、大会当日を3日後に控えたCNN提携局とのインタビューでは、見た目ほど具合は悪くないと話していた。

須藤さんは昨年、妊娠中で欠場していたが、今年は40個を食べ切り、通算8勝を達成した。

大会はニューヨークのコニーアイランドにある老舗ホットドッグ店、ネイサンズが毎年この日に開催している。2019年からは新型コロナウイルス感染拡大の影響で場所を移していたが、今年の会場はネイサンズの店舗に戻った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]