ウクライナ東部の要衝セベロドネツクが陥落、ロシアの支配下に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウクライナ軍、要衝セベロドネツクから撤退

(CNN) ウクライナ東部ルハンスク州の要衝セベロドネツクのストリュク市長は25日、同市が完全にロシアの支配下に入ったことを認めた。

ストリュク氏はロシア側が指揮官を指名したと述べる一方、街は壊滅的な被害を受け、住民らにとって耐え難い状況だと訴えた。

ウクライナ軍の地域司令部は24日、セベロドネツクに残っていた最後の部隊に撤退命令が出たと明らかにしていた。これにより、ロシア軍はルハンスク州をほぼ完全に制圧した。

ロシア防衛省の報道官も25日、セベロドネツクや近郊のボリブスケを「完全に解放」したと発表。現時点で住民が市外へ脱出できる可能性はないと述べた。

セベロドネツクのアゾト化学工場には、民間人数百人が約3カ月前から避難している。ルハンスク州のハイダイ知事は25日、同工場へのロシア軍の砲撃は続いていると述べた。

ストリュク氏は、ロシア側は同工場から出ようとする民間人らを撮影し、宣伝ビデオに使っていると主張。「かれらは心身両面で支援を必要としている」と強調した。

ロシア防衛省の報道官は声明で、ウクライナ軍が同工場を「抵抗の温床」にしようとした試みを阻止したと宣言した。

ウクライナ軍によると、ロシア軍からは北東部ハルキウや東部スラビャンスク北郊、南部ミコライウなどに、直近24時間で計40発あまりのミサイルが撃ち込まれたとみられる。

ハイダイ氏によれば、セベロドネツクに隣接するリシチャンスクでもロシア軍が攻勢を強め、同市の包囲と市南部への進軍を図っている。ロシア軍はリシチャンスクから西方のバフムートへつながる主要道路を封鎖し、補給ルートを遮断する作戦も進めている模様だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]