海底噴火でトンガに津波、日本や米西海岸でも観測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海底火山の噴火で上空に吹き上げられた煙/Tonga Geological Services/EyePress/Reuters

海底火山の噴火で上空に吹き上げられた煙/Tonga Geological Services/EyePress/Reuters

現地からの映像によると、奄美大島では高台に避難する住民らの車で渋滞が起きた。

自衛隊が未明に調べたところによれば、大きな被害は確認されなかった。

米西海岸の海面変動は現地時間の15日未明以降、カリフォルニア州中部の海岸で約130センチ、アラスカ州南部で約100センチを記録した。

カリフォルニア州中部サンタクルーズの海岸では15日朝、ちょうど満潮と重なる時間帯に海面が急上昇し、港の設備などが一部損壊した。

ハワイ州でも駐車場や港の冠水が伝えられたが、太平洋津波警報センターによれば、被害の報告はない。

専門家によると、フンガトンガ・フンガハアパイ火山の過去の記録からみて、噴火活動が数週間から数カ月続き、今回のような規模の噴火が繰り返される可能性もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]