上半身裸の旗手で話題、タウファトファ選手が東京五輪にも出場へ トンガ

開会式などに上半身裸の姿で登場して話題を呼んだトンガのピタ・タウファトファさんが東京五輪にも出場する/Dan Istitene/Getty Images

開会式などに上半身裸の姿で登場して話題を呼んだトンガのピタ・タウファトファさんが東京五輪にも出場する/Dan Istitene/Getty Images

(CNN) 2016年のリオデジャネイロ夏季五輪と18年の平昌冬季五輪の開閉幕式でオイルを塗って上半身裸で登場して話題を呼んだトンガのピタ・タウファトファさんが、今年の東京五輪にテコンドーの選手として参加することが2月29日に決まった。

男子80キロ級の予選で優勝し、出場資格を得たという。同選手はリオデジャネイロ五輪でもテコンドーに出場。平昌五輪では距離スキーに挑んでいた。

タウファトファさんは昨年、CNNの取材に東京五輪で2つの競技に出場するのが目標との抱負を明かしていた。テコンドーでの出場資格を獲得し、今後は約1年間練習してきたというカヤックに挑戦するとみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]