アウシュビッツ収容所の「入れ墨器具」が競売に 生存者から怒りの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウシュビッツ収容所の「入れ墨器具」、競売停止に

(CNN) イスラエルの裁判所は3日、ナチス・ドイツのアウシュビッツ強制収容所で使われていた入れ墨器具とされる品の競売について、停止を命じた。ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の生存者から非難の声が上がったことを受けた措置。

アウシュビッツ強制収容所では130万人あまりが殺害された。その大半はユダヤ人で、他にもポーランド人やロマ人、障害者、同性愛者が犠牲になった。

収容者は数字を刻印され、入れ墨器具はナチス強制収容所の非人間性を示すシンボルの一つになってきた。

競売商はこの入れ墨器具を「最もショッキングなホロコースト関連品」と形容。予想落札価格は3万~4万ドル(約340万~450万円)とされている。

今回の裁判所の判断により、競売は2週間停止されることになった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]