ナチス・ドイツの最後の通信は「みんな元気で、さようなら」、英情報機関が公開

ナチス・ドイツの最後の通信、英情報機関が公開

(CNN) 第2次世界大戦で英国が最後に傍受して解読したナチス・ドイツの通信記録が公開された。英国の通信傍受期間、政府通信本部(GCHQ)が、ドイツが連合軍に降伏して欧州での戦闘が終結してから75年を迎えたことを記念して明らかにした。

通信はドイツ軍の将校がドイツ北部の港町クックスハーフェンの建物から、英軍に降伏する直前に送信していた。

通信は、「クンケル」という名前の将校が1945年5月7日午前7時35分、友軍に向けて送信。内容は「英軍は5月6日14時、クックスハーフェンに進入した。今から全ての無線通信を終える。幸運を」「通信を永久に終える。みんな元気で、さようなら」などとなっていた。

そのほかの傍受された通信では、兵士1人が5月4日午後にデンマークの海岸から送信していた。予備のたばこを持っている人がいるかを尋ねる内容で、「ここにたばこはない」との返信もあった。

「ブレッチリー・パーク」での暗号解読作業の様子/Bletchley Park Trust/SSPL/Getty Images
「ブレッチリー・パーク」での暗号解読作業の様子/Bletchley Park Trust/SSPL/Getty Images

英国の分析官がドイツ軍の暗号エニグマの暗号を初めて解読したのは1940年。ロンドンの北西にあった「ブレッチリー・パーク」で戦争中、解読が続けられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]